Webライターが文章で気を付けるべきポイントを4項目に分けて徹底解説!

Webライターが文章で意識しておくことが知りたい!

Webライターになると、意識することが多く悩んでしまいますよね。

私自身も勉強をすればするほど、いろいろなことを言っている人がいて悩んでしまいました。

なんばさん

そこで、今回は現役Webライターである私が、これだけ抑えておけば充分という文章中の気を付けるべきポイントをまとめました。

具体的には、

  • 前提はクライアントに合わせる
  • 正しいマインドを身につける
  • 読みやすい文章にする
  • デザイン面を意識する
  • 読者の離脱を防ぐ

といったことをお伝えしていきます。

この記事を読めば、Webライターとしての価値がぐんとあがりますよ

7分程度で読めますので、ぜひ最後までご覧ください。

※この記事は2021年月1時点の情報を元に作成しています

目次

前提はクライアントに合わせること

これからWebライターが文章で気を付けるべきポイントを4項目に分けてお伝えします。

しかし、一番大事なことは前提はクライアントに合わせるということ。

基本的にはご紹介する方法で大きな問題は起きないはずです。

もしクライアントに指摘された場合は、速やかに対応しましょう。

早速始めていきます。

【Webライターが文章ので気を付けるべきポイント①】正しいマインドを身につける

まずは正しいマインドを身につけることが重要です。

なぜなら、正しいマインドが身についていないと効率的に文章を書けないから

たとえば、「読者は必ず最後まで文章を読む」」という認識だと、努力の方向性を間違えてしまいます。

これから紹介する2つのマインドを身につければより効率的に、文章を書けますよ。

  1. 良い文章を書こうとしない
  2. 読者は3つのNOTを持っている

1つずつ解説していきます。

①良い文章を書こうとしない

記事の中身に時間をかけるWebライターは多いですが、実は構成やリード文、見出しなどが中身と同じかそれ以上に大事になります。

記事の中身だけ極めても、他の部分が疎かになってしまうと読まれる可能性は大幅に減ります。

良い文章を書こうという意識は大切なのですが、あまりにも意識しすぎると他のことが疎かになりがち。

うまくバランスを取りましょう。

②読者は3つのNOTを持っている

3つのNOTとは

  • 読まない
  • 信じない
  • 行動しない

です。

Webの文章というのは、無料で大量の情報が手に入るため読者は合わないと感じると、別の記事にうつってしまいます。

たとえば、「化粧品メーカーに5年勤めている人」と「化粧品がただ好きな人」のどちらの記事を読みたいでしょうか。

おそらく大半の人は、前者ではないかと思います。

このように「誰が」発信するかも重要なポイントです。

さらに、読者は良い記事を読んでもなかなか行動しません

読者に行動を促すような文章を書かなければならないのです。

たとえば、

「今だけ限定で30%割引で提供中です。今すぐお申込みを」

などとかかれていると読者の購買意欲は上がります。

読者は、怠け者で批判的な目を持つものだと思って文章を書けば、読者満足度の高い記事を作成できます。

【Webライターが文章で気を付けるべきポイント②】読みやすい文章にする

ここでは文章のルールを7つ紹介します。

  1. 文章の基礎はPREP法
  2. ひらがな・カタカナ・漢字の正しい割合
  3. 代名詞・指示語の使い過ぎに注意する
  4. 代名詞・指示語の使い過ぎに注意する
  5. 数字は半角で統一する
  6. 一文を短くして文章の密度の高い文章を書く
  7. 接続詞をあまり使わない
  8. 語尾の連続に注意し、レパートリーを増やす

1つずつ解説していきます。

①文章の基礎はPREP法

PREPとは

P 結論

R 理由

E 具体例

P 結論

のことです。

例文をだすと、

本はコスパがいいです。(結論)なぜなら、ビジネス書であれば1000円台でかえるものが多く、成功者の生の声が凝縮されているからです。(理由)具体的には、成功者のマインドや、一日のルーティン、ビジネスを成功させた秘話などが書かれています。(具体例)よって本はコスパがいいです(結論)

PREP法の良いところは

型に当てはめるだけなので時間短縮になる

読者にわかりやすい文書が書ける

PREP法を使いこなせると、読者に離脱されにくい文章になりますよ。

ひらがな・カタカナ・漢字の正しい割合

ひらがな・カタカナ・漢字の正しい割合は、ひらがな7:漢字3もしくはひらがな7:漢字2~3:カタカナ0~10といわれています。

例文を示します。

昨今ウイルスの蔓延で世界情勢が非常に厳格になっている 漢字使用率46.15%

昨今ウイルスが広まって世界情勢が厳しくなっている 漢字使用率32%

難しい言葉はなるべく簡単な表現に直すことで、読者が読みやすい記事になります。

ひらがなにすると「幼稚な印象を与えるのでは?」と考える方もいるかもしれませんが実は逆です。

コピーライターの糸井重里さんはひらがなにすることであえて読みにくい文章を作っているといいます。

プロでもひらがなを多用しているので、積極的にひらがなに直してみてください。

代名詞・指示語の使い過ぎに注意する

こそあど言葉と呼ばれる代名詞や指示語は使わないようにしましょう。

前述した通り、読者は読み飛ばしをしてWebの文章を読んでいます。

こそあど言葉が入ると、途中から読んだ読者は「なんの話?」となってしまうのです。

数字は半角で統一する

数字は半角で統一しましょう。

全角と半角が混ざってしまうと最悪なので、パソコンのデフォルト設定を半角にしておくとよいですよ。

一文を短くして文章の密度の高い文章を書く

一文を短くして、文章の密度を上げましょう。

同じ語句の繰り返しは省いても問題ないことが多いです。

Webライターはどれだけ、一文を短くできるかが勝負になってきます。

不用な箇所は削り、極力シンプルで意味の伝わる文章を心がけましょう

接続詞をあまり使わない

接続詞は使わなくても意味が通じることが多いため、不用な接続詞は削ることを意識しましょう。

順接の接続詞、たとえば「そのため」「なので」などは削っても違和感がないことが多いです。

逆に、逆説の接続詞は文章の大事な部分になることがあるため、そのままにしておくことが多いです。

記事全体をざっとチェックして、あとで見返したときに不用な接続詞はカットするようにしましょう。

語尾の連続に注意し、レパートリーを増やす

語尾の連続は避けましょう。

たとえば、「~です」「~ます」という語尾が3回以上続くと、くどい印象を与えてしまいます。

できれば2回の連続も避けたいところ。

語尾のレパートリーとしては、

体現止め・形容詞止め

だ・である調

~でしょう、~ください

ですよね、ますよね

疑問形

などが挙げられます

レパートリーを増やして自然な文章を作りましょう。

【Webライターが文章で気を付けるべきポイント③】デザイン面を意識する

読者は基本的にWebの文章を読みません。

そのため、視覚に訴えるデザイン的な要素を意識することが必要です。

ここでは

  1. 正しい表の使い方
  2. 正しい箇条書きの方法
  3. 正しいナンバリングの方法
  4. 正しい文章の装飾の方法
  5. 正しい改行の方法

1つずつ具体的に解説していきますね。

①正しい表の使い方

表の使い方を誤っている人は多いです。

表の目的は簡潔に見やすくすることにあります。

情報をぱっと見でわかりやすくることが目的です。

改行をうまく使うと効果的になります。

表を使う場合は、箇条書きではなく中黒を使いましょう。

その方が見やすいからです。

最後にスマホから見たときに見やすいかどうかのチェックです。

表自体を縦長にすると、スマホで見たときも見やすいですよ。

②正しい箇条書きの方法

箇条書きはリストタグを使いましょう。

中黒を使って箇条書きをするのはNGです。

また、粒度を合わせることも大切です。

たとえば、

  • 鳥取県
  • 愛知県
  • 九州

などとしてしまうと、九州だけ都道府県の名前ではなく地方の名前になってしまい違和感を感じます。

また、一項目は短く簡潔にすることを意識しましょう。

なぜなら、箇条書きの目的はわかりやすさにあるからです。

一項目の箇条書きが長いかなりみにくいことになってしまうため注意が必要です。

また、箇条書きの中で固有名詞が出てくる場合、二個目以降は固有名詞を省略しましょう。

その方がスマートに見えるので、おすすめです。

③正しいナンバリングの方法

ナンバリングというのは数字を振ることを指します。

自分で数字を打つのではなくオーダーリストを使って、ナンバリングをしましょう。

小見出しにも数字を振ることで読者がどこを読んでいるのかわかりやすくなります。

数字は読者をひきつける大切な要素なので積極的に使っていきましょう。

④正しい文章の装飾の方法

基本的には装飾はクライアントからルールが決められており、自分で装飾をすることは少ないでしょう。

なんとなくの感覚で文字装飾をするのは絶対にNGです。

また、装飾の頻度はなるべく均一にしましょう。

装飾が少ない見出しや多い見出しが混在しているとバランスが悪く、視認性が落ちてしまいます。

⑤正しい改行の方法

改行は適度なタイミングで入れることを心がけましょう。

PC表示で三行が限界です

また、EnterキーとSHIFT+Enterキーを使い分けるようにしましょう。

Enterキーのみの改行だとスマホでみた場合とくに、スクロール量が増えてしまい読者ファーストではなくなります。

最後にスマホからチェックすることを忘れないようにしましょう。

【Webライターが文章で気を付けるべきポイント④】読者の離脱を防ぐ

読者の離脱を防ぐためのポイントは3つです。

  1. 重要なポイントを前置きして繰り返す
  2. エビデンスを明示する
  3. 説明事項の統一をする

1つずつ解説していきます。

①重要なポイントを前置きして繰り返す

読者は基本的に、読まない、行動しない、信じないといった3つのノットを持っています。

そもそも読者はWebの文章を最初から最後まで読んでくれません。

何回も重要な部分を繰り返すことでやっと重要度が伝わるのです。

「前にも話しましたが~」などと前置きを置くことで、自覚しているけど大事だよということを伝えられます。

コピペせずに、文章に合わせてたびたび表現を変えると効果的です。

エビデンスを明示する

エビデンスとは、根拠のことです。

内閣府や厚生労働省といった国の機関が出しているデータは十分根拠になりえます。

とくにお金や仕事の悩みは読者の悩みが奥深いため、エビデンスを明示してあげることによって信頼性がたかまります

説明事項の統一をする

まとめ記事など文章が長かったりや見出しが多かったりする場合は、説明事項の統一を行いましょう。

どこに何がかいてあるか文字ではなくビジュアルで教えてあげるのです。

文字だとわかりにくい情報も視覚に訴えるものにすると、読者の離脱率を減らせますよ。

まとめ;Webライターは文章の気を付けるべきポイントを守って一足先を行こう

ここまでWebライターの文章の気を付けるべきポイントについて解説してきました。

いろいろ大事なポイントはあります。

しかし一気に行おうとすると、結局何も身につかないということになりかねません。

長いスパンで意識して、すこしずつ行ってみてください。

今回紹介したポイントを意識するだけで、一足さきを行くWebライターになれますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる