男で事務職が勝ち組な理由【5年半の実務経験から語る】

男で事務職って勝ち組なの?

男で事務職というとイメージが良くないという人もいるのではないでしょうか。

なんばさん

私は5年半中小企業で営業事務、一般事務を経験してきました。
その経験から男で事務職に就きたいと考えているひとは、ぜひ事務職に転身することをおすすめします。

この記事で、事務職の男が勝ち組な理由や、事務職の男のデメリットを紹介します。

この記事を読めば、事務職に転身したいという思いが確信に変わりますよ。

※この記事は2020年12月時点の情報を元に作成しています

目次

事務職の男が勝ち組な理由5選

なぜ勝ち組なのか理由を5つお伝えします。

  1. 残業が少なく融通が利きやすいから
  2. 座り仕事で体力の負担が少ないから
  3. パソコンスキルが身につくから
  4. コミュニケーション能力が身につくから
  5. 来客・電話対応能力が身につくから

1つずつ見ていきます

①残業が少なく融通が利きやすいから

事務職の仕事は、会社にもよりますが仕事を分担していることが多いです。

しかし、1人が体調不良などで休んだ場合も、代わりにできる人を設けているケースも。

そのため、仮に病気やケガなどで休んでしまったときでも安心です。

②座り仕事で体力の負担が少ないから

事務職は、基本的に座り仕事でパソコンを使って仕事をします。

そのため、体力に自信がない男性でにもおすすめ。

私自身、体力がないため、人と会ったり外に出て営業をしたりすることにとても疲れを感じます。

一方事務職は座り仕事なので、自分のペースをある程度保て、仕事が終わってからの疲労も他の職種と比べれば感じにくいです。

③パソコンスキルが身につくから

事務職は、WordやExcel、PowerPointなどといったソフトを使って、顧客管理や資料作成などを行います

これらのソフトを高いレベルで扱えると、転職をする際にもアピール可能。

パソコンスキルは現代で重宝されています。

④コミュニケーション能力が身につくから

事務職というともしかしたら、「コミュニケーション能力は必要ないのでは?」と考える人もいるかもしれません。

しかし、とくに自分でコミュニケーションを日頃からとっていないと、仕事がスムーズに進まない場合が増えます

そのため、「どうしたら相手に簡潔に伝わるか」など試行錯誤して、コミュニケーションをとることが多くなります。

意識していると、無意識にコミュニケーション能力が身につくのです。

⑤来客対応・電話対応能力が身につくから

来客対応や、電話対応と聞くと、女性のイメージが強いかもしれません。

しかし、男性でも必要です。

私の場合、女性事務員と休日が違っていたため、女性事務員がいないときは、来客対応をすることがありました。

また、電話対応は普段の仕事からかなりの頻度で対応していました。

このようなことを通して電話応対能力や、来客対応能力は男の事務員でも身につけられるのです。

男の事務職は貴重なので勝ち組

画像引用元 doda

事務職の有効求人倍率をみると、0.18%となっています。これは、10人応募者がいたら、1~2名しか受からない計算です。

また、事務職を希望する人は、女性がほとんどのため、男性はさらに倍率が高くなるでしょ王。

そのため、男として事務職に就けている人はそれだけで貴重な存在なのです。

男の事務職の平均年収は低くないので勝ち組

画像引用元 doda

男の事務職の年収は391万円です。

職種別にみると、下から2番目とかなり低いように感じるかもしれません。

しかし、高給な職種は、残業時間が長かったり、休日が少なかったりする場合もすくなくありません。

ワークライフバランスを保てる事務職は、多少年収が低くても、副業などで補うことも可能です。

男の事務職デメリット

ここでは、事務職の男のデメリットを3つ紹介します。

  1. 周りに女性が多い
  2. 仕事が単調
  3. 収入が上がりにくい

1つずつ解説していきます。

周りに女性が多い

周りに女性が多いことは、良いことでもあるのですが、悪いこともあります。

それは、女性ならではの話についていけないこと。

また、周りに女性が多いと気を遣うため、必要以上に疲れてしまいます。

仕事が単調

事務職の仕事は単調なことが多いです。

もちろん臨機応変さも求められるのですが、大体やることは毎日決まっており、変化がほとんどありません。

変化を嫌う人には逆に天職になり得ます。

収入が上がりにくい

事務職で入った男というのは、昇進する可能性が低いです。

そのため、「将来昇進して稼ぐぞ!」といった人には向かないかもしれません。

安定的な収入をコツコツ稼ぎたいという人には向いています。

まとめ:事務職の男は勝ち組なので胸を張ろう

ここまで、男の事務職が勝ち組な理由を、お伝えしてきました。

どうしても女性のイメージの強い事務職ですが、男が事務職に就くことで、得られるメリットがたくさんあります。

事務職についている男性は誇りに思っていいのです。

これから事務職に就きたいと考えている人も、今回お伝えした内容を参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる