Webライターが副業でばれない方法【誰でもマネできる!】

なんばさん

どうも。なんばさんです。Twitter

Webライターとして活動したいけど、会社が副業禁止。ばれない方法はないの?

とお悩みの方は多いのではないでしょうか。副業を初めてする方となるとかなり不安ですよね。

なんばさん

そこで今回は、現役のフリーランスWebライターで、副業時代の経験もある私がこの問題を解決していきます。

具体的には、

  • Webライターが副業でばれない理由
  • 副業が会社にばれないポイント
  • 副業がばれてもばれなくてもした方がいい理由

をお伝えしていきます。

この記事を読めばWebライターを副業でばれない方法を簡単にしることができますよ。

3分程度で読めますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

※この記事は2021年月1月時点の情報を元に作成しています

目次

Webライターが副業でばれない理由

Webライターが副業でばれない理由

Webライターは副業禁止の会社でも可能です。その理由は、会社の就業規則での副業禁止は、憲法や法律で定められていないから。

実は、会社の就業規則で副業禁止とあるところも、憲法や法律で定められていないため、副業は可能です。ただし以下のような場合には例外となるので注意しましょう。

  • 対外的な信用を無くしたとき
  • 同業種の他者で働いたとき
  • 本業に支障をきたしたとき

もし、本業に支障をきたした場合には雇っている側に責任が問われるので、気を付けましょう。

ただし例外もあって、公務員の場合は原則法律で禁止されています。

民間の会社は法的には禁止されていないとお伝えしましたが、公務員の場合は例外です。なぜなら、国家公務員法や地方公務員法によって禁止されているから。公務員で副業をしたい場合、

  • 国家公務員の場合:内閣総理大臣や管轄庁長の許可を得る
  • 地方公務員の場合:任命権者の許可を得る

という条件が必要になります。

Webライターの副業が会社にばれないポイント3つ

Webライターの副業が会社にばれないポイント3つ

ここでは、Webライターの副業が会社にばれないポイントをお伝えします。なお、確実にばれない方法というのはありません。しかし、これらのポイントに気を付けることでばれるリスクが格段に減ります。

  1. Webライターを副業にしていることを誰にも漏らさない
  2. 20万円以上の収入がある場合、自分で確定申告を行う
  3. 副業OKの会社に転職・就職する

1つずつ解説していきますね。

【副業でばれないポイント①】Webライターを副業をしていることを誰にももらさない

基本的なところですが、副業をしていることを誰にも漏らさないことは大事なポイントです。なぜなら、ばらしてしまうと人づてでばれてしまうから。また、Webライターは本名で活動することがあり、会社の人がネットで検索してばれてしまうケースも。

Webライターの活動名は、本名がわかりにくいものを使ったり、顔写真など身元がばれない写真を使うことでばれるリスクが減ります。

【副業でばれないポイント②】20万円以上の収入がある場合自分で確定申告を行う

副業の収入が20万円を超えている場合には確定申告をする必要があります。確定申告の際に「住民税に関する事項」の欄で「自分で交付」という欄に〇を付けることで、自分で住民税を納付することになり、ばれるリスクが減ります。

もし、自分で住民税を交付しないと、住民税が高くなっていることで会社にばれることになります。

【副業でばれないポイント③】副業OKの会社に就職・転職する

副業がばれるのが怖いという人は、副業が解禁されている会社に就職・転職することがおすすめ。副業がばれてしまったときに、会社から不利な扱いを受けてしまうリスクを考えれば、堂々と副業をする方が収入やスキルアップにつながります。

Webライターの副業はばれてもばれなくてもしたほうが良い理由2つ

Webライターの副業はばれてもばれなくてもしたほうが良い理由2つ

Webライターの副業はばれてもばれなくてもした方がいい理由を解説していきます。

  1. 個人で稼げるスキルを身につけられるから
  2. 最悪ばれても他の会社に転職すればいい

です一つずつ解説していきますね。

【副業はしたほうがいい理由①】個人で稼げるスキルを身につけられるから

会社にしがみついて給料をもらうという時代ではなく、個人で稼ぐ時代になってきています。なぜなら、大企業でも倒産のリスクを抱えているから。しかし、個人で稼げるスキルを身につければ自信につながりますし、仮に無一文になっても再起しやすくなります。

Webライターとしてライティングスキルを身につければ、Webライターとしてだけでなく他の職業にも役に立ちます。そのため、副業はばれてもばれなくてもした方が良いのです。

【副業はした方がいい理由②】最悪ばれても他の会社に転職すればいい

今どき副業禁止の会社は世間の流れに逆行した柔軟性のない会社とも言えます。2019年のリクルートの調査によれば、副業を認めている会社は、30.9%。10社に3社は認めていることになり、今後ますます解禁されていくでしょう。

最悪会社にばれて懲戒処分を食らっても、副業がOKな会社に転職すればいいのです。

まとめ:Webライターの副業は会社にばれない。最悪ばれてもOK

まとめ:Webライターの副業は会社にばれない。最悪ばれてもOK

ここまで、Webライターの副業がばれない方法を中心にお伝えしてきました。副業禁止の会社に入ってしまった場合、Webライターとして副業をしてはいけないのだと考える必要はありません。

適切な対応をすれば副業禁止の会社でもばれずに副業できるからです。もしばれてしまっても、身についたスキルは裏切りません。またほかの副業OKの会社に転職すればよいのです。

Webライターの副業を始めて、個人で稼げるライティングスキルを身につけていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる