コピーライティングの書き方のコツ|現役Webライターが解説!【初心者でも簡単です】

ぴえん系男子
ぴえん系男子

コピーライティングというものを知ったけど、書き方のコツがわからない。

コピーライティングってどんなところで使われているの?

コピーライティングに役立つおすすめの本を教えて。

コピーライティングは、抽象的な概念が多いため、書き方に悩みますよね。

そこで今回は、現役のフリーランスwebライターである私が、そのようなお悩みを解決していきます。

この記事を読むことで得られるメリットは3つです。

  • 具体的なコピーライティングの書き方のコツがわかる
  • コピーライティングを学ぶおすすめの本がわかる
  • どのようにコピーライティングが使われているかわかる

5分程度で読めますので、ぜひお付き合いいただけますと幸いです。

※この記事は2020年12月時点の情報を元に執筆しています。

では始めていきましょう。

目次

コピーライティングとは?

まず、コピーライティングとは何かという説明をします。コピーライティングは、人の深層心理に入り、言葉で読者へ行動を促すことが主な目的です。

商品を魅力的に伝えることに重きを置いています。なぜなら、商品やサービスの魅力が伝わらなければ買ってくれないから。

長い文章で書かれている場合、セールスレターやセールスコピーライティングといいます。

コピーライティングは、お客様をワクワクさせて、行動を促すことも目的の一つ商品を販売するためのテレビCMや、リスティング広告なども全てコピーライティング。

コピーライティングの真髄は、人間の本質を理解することなのです。

コピーライティングの具体的な書き方のコツ

早速、コピーライティングの具体的な書き方のコツをみていきましょう。

具体的には、以下5つがあります。

  • 小さい子供でもわかる簡単な言葉を使う
  • 具体的にイメージができる言葉を使う
  • ペルソナを明確に設定する
  • ベネフィットを伝える
  • 必要なものすべてを伝える

それぞれ解説していきますね。

小さい子供でもわかる簡単な言葉を使う

私たちは、基本的に文を最後まで読まないことがほとんど。そのため、飽きさせない工夫が必要になります。

飽きさせない工夫とは、

  • これ、それ、あれ、などの言葉を頻繁に使わない
  • 文末の表現を、です、ますだけでなく、いろいろなパターンを使う
  • 表や、図、画像などを挿入し、視覚に働きかける
  • 冗長な表現になっていないか、短く削れないかを考える

などが挙げられます。

ターゲットによって異なりますが、基本は小さいお子様(小学生)でも読めるくらいの難易度の文章にすることが必要です。

なぜなら、読み手が理解しやすい文は、最後まで読んでもらえる可能性が高いから。

小さい子供でもわかるように書くよう、意識しましょう。

具体的にイメージができるような言葉を使う

例えば、顧客満足度98.3%と伝えるのと、利用者の半分が満足、と伝えるのでは前者の方が説得力が出ます。

なぜなら、具体的なイメージが浮かびやすいからです。

半分といっても、利用者がどれくらいいるのかそもそもわかりません。

具体的にイメージができるということは、読者の行動を促すきっかけになります。

抽象度の高い言葉は便利ですが、読者が迷子になってしまう場合も。

そのため、より具体的な言葉に置き換えられないか、読者にイメージがつくかということを常に問い続ける必要があります。

ペルソナを明確に設定する

ペルソナというのは、架空の人物像のことを指します。

年齢、性別、特技、趣味、血液型、好きなもの、嫌いなもの、仕事など細かく設定すればするほど、ターゲットが明確に。

ターゲットが明確になることによるメリットは、伝えたい内容がしっかりと読者に届くようになるということが挙げられます。

例えば、20代男性というように、曖昧なペルソナを設定すると、20代男性の人には届きますが、ほとんど当てはまることというのは、誰の心にも響きません。

対して、20代男性、独身、好きなことは動画観賞、趣味はギター、仕事はガラスの営業、嫌いなものは辛いもの、血液型はA型などと細かい設定をします。

すると、読者に伝わる文章が書けるのです。

最初は、面倒と感じるかもしれませんが、ペルソナを設定する方が書きやすいのです。

ベネフィットを伝える

ベネフィットというのは、読者の悩みが解決されること。

例えば、高級車の購入を検討している人に、営業マンが

「この高級車は、燃費がよくて、今までにない自動運転を採用していて、とてもおすすめなんですよ」

と言ったとしましょう。

しかし、購入者にとって、どういう悩みの解決に繋がるのか想像がつきません。

一方で、

「この高級車は、燃費がよく、遠出しても燃料を補給する必要がありません。そのため、浮いたお金で、趣味や好きなことを楽しめますよ。また、自動運転機能は、長距離の走行で疲れた時でも、安心です。自動運転機能があることで、ドライブがより好きになり、いろいろなところへ気軽に足を運べます

と言われたらどうでしょうか?

前者よりも後者の方が、自分にとっての悩みが解決されそうですよね。

このようにベネフィットを書くことで、お客様の購買意欲を掻き立てられるのです。

必要なものすべてを伝える

前述しましたが、読者が100%全ての記事を読む、ということはほぼあり得ません。

そのため、必要なことをすべて盛り込むという意識が重要になります。

読者に疑問点が残ることを書いてはいけないのです。

なぜなら、出し惜しみをすると、読者は他のところへ行ってしまうから。

そうなると、商品やサービスの認知につながりませんし、利益にもなりません。

そのため、必要な情報はすべて盛り込むことが必要なのです。

コピーライティングの具体例で書き方を学ぶ

ここでは、コピーライティングの具体例を紹介していきます。

有名な企業6社を取り上げました。

  • コスモ石油
  • 太田胃散
  • JR東海
  • トヨタ自動車
  • 日本航空ロッテ

1社ずつ紹介していきます。

ココロも満タンに、コスモ石油/コスモ石油

画像引用元:コスモ石油ホームページ

ガソリンスタンドというと、燃料だけ入れにいく場所と思いがちです。
しかし、そこには人がいて接客にもあります。その行為によって、心も満タンになる、という意図が込められているキャッチコピーです。

ありがとう。いい薬です。/太田胃散

画像引用元:太田胃散公式HP

このキャッチコピーは、日頃、太田胃散の胃薬を飲んでいる人に向けて、感謝の意を表しているといいます。

自社のメリットではなく、顧客への感謝から始まるキャッチコピーに、とても感心しますよね。

そうだ、京都、行こう/JR東海

画像引用元:JR東海HP

誰でも、今日遠出したいと考える日がありますよね。
しかし、人の誘いや、後押しがないと行くことが億劫に。

JR東海のキャッチコピーは、「誰でも手軽に旅に出かけていいんだよ」と背中を押してくれているように感じますね。

STAY YOUR IMPOSSIBLE/トヨタ自動車

画像引用元:トヨタ自動車HP

人間は挑戦が怖いと感じる生き物です。トヨタ自動車は世界でも名高い自動車メーカーの一つ。
しかし、世界で活躍する裏には、さまざまな挑戦があったことでしょう。

挑戦をした人にしか見られない世界を知っている、トヨタ自動車だからこそ考えられたキャッチコピーだと言えます。

明日の空へ、日本の翼/日本航空

画像引用元:日本航空HP

日本航空は日本で初めて、空に飛び立った企業です。その原点を忘れないように「世界で一番お客様に選ばれ、愛される航空会社」という指針を持っています。

明日も自信を持って、空へ羽ばたいている飛行機のイメージが浮かびますね。

お口の恋人/ロッテ

画像引用元:ロッテHP

このキャッチコピーを考えたのは、ドリフターズの仲本工事の母親だそうです。

世界中の人々から愛される存在でありたい、という思いが現れたキャッチコピーですね。

コピーライティングのおすすめ本3選

ザ・コピーライティング–心の琴線にふれる言葉の法則/ジョン・ケープルズ著

文章で人の心を動かすという目的があり書かれた本です。この本では、重要なことは「見出し」だと繰り返し言われています。

見出しが良ければ、読者へ行動を促せる可能性がグッと上がるからです。そのため、広告業界で働く人はもちろん、ブログやライティングを生業としている人にもおすすめの一冊。

おすすめしているメンタリストdaigoは、この本だけで億を稼いだとの噂も。

シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは/ジョセフ・シュガーマン著

この本はコピーライティングというより、マーケティングの内容に特化しています。しかし、コピーライティングにもマーケティングの知識は必要です。

なぜなら、どちらにせよ顧客の心を揺さぶらなければならないから。

この本には、どうしたらものが売れるのかという観点から、さまざまな心理学のテクニックが掲載されています。

コピーライティングと同時に使用できれば、効果は倍増でしょう。

キャッチピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック/川上徹也著

この本には、キャッチコピーの例文が77載っています。

ブログタイトルを考える時にも役立ちますし、ライターとして「短く簡潔に本質を伝える」というスキルが身に付く本です。

読みやすいので、手元にあると、いつでもアイデアを思い浮かべる手助けになってくれますよ。

まとめ:コピーライティングを使いこなして、人の琴線に触れる文章を書こう

ここまで、コピーライティングの書き方や具体例などを紹介してきました。

コピーライティングというと、少し難しく感じてしまうかもしれませんが、実は身近に溢れています。企業のキャッチコピーは、その一つです。

また、ブログや、Webライティングなどで取り入れ安く、使いこなせれば効果はテキメンです。

コピーライティングの目的の一つに、ブランディングや、商品やサービスの認知拡大というものがあります。

そのため、コピーライティングの書き方をマスターすれば、あなたの商品やサービスを知ってもらえる可能性が高まります。

コピーライティングの書き方のコツを覚えれば、今日からでも、効果的な文章を書けますよ。

コピーライティングを取り入れて、人の心を鷲掴みにする文章を書いてみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる