未経験でもフリーランスWebライターになれるのか!?【現役Webライターが語る】

 

なんばさん
なんばさん

どうも!フリーランスWebライターのなんばさんです。

@toripurug3

 

 

「フリーランスでWebライターになりたい。けど経験がない。」

 

 

困っている女性
困っている女性

「未経験でフリーランスWebライターになる方法を知りたい

 

 

困っている男性
困っている男性

「未経験でフリーランスWebライターになったらどうやって仕事を獲得するの」

 

 

その気持ちよくわかります。

私は、5年半会社員をしてきたのち1年の休養を経て、現在はフリーランスWebライターとして生計を立てています。

 

しかし、フリーランスになるまでは散々悩んできました。

 

原因は、そもそも未経験でフリーランスをしている人の情報が少なく、

「未経験でフリーランスはやめとけ」

といった意見を仰る人が多かったのです。

 

その声にビビリ、なかなかフリーランスという働き方に踏み出せずにいました。

 

なので、「未経験からフリーランスWebライターに本当になれるの?」

 

という声に共感できるのです。

 

そこで今回は、未経験でフリーランスWebライターになった私が、私の体験を元にこれらのお悩みを解決します。

 

結論は、未経験でもしっかりと手順を踏めばフリーランスWebライターになれます。

 

この記事を読むことによって、未経験からフリーランスのWebライターになるための知識を得られます。

 

簡単に読めますので、ぜひ参考にしてみてくださると嬉しいです。

 

※この記事は2020年12月時点の情報を元に執筆しています。

 

目次

未経験からフリーランスWebライターになるための準備

まず、いきなり未経験からフリーランスになれると思った方、残念。

やはり何事にも準備が必要です。

未経験からフリーランスWebライターになるためのステップは3つ。

 

  1. 本でWebライティングの知識をつける
  2. 書きたいジャンルに目星をつける
  3. ブログを始める
  4. ポートフォリオを準備する

詳しく解説していきます。

1.本でWebライティングの知識をつける

まず、Webライティングの基礎知識を身に着けるために知識をつけましょう。

なぜならWebライティングは、作文や読書感想文などとは違う独特のルールがあるから。

ルールを学ぶために本や動画で知識をつける必要があるのです。

今後フリーランスのWebライターとして恥じないように、ここでは、おすすめの本3冊を紹介します

Webライターを目指すなら、読んでおきたいものを厳選しました!

おすすめの本1:沈黙のWebライティング

かなりページ数がある本ですが、漫画調に話が進むため、初心者でも読みやすくおすすめです。

内容は検索で上位表示するための、SEOライティングという手法について語られています。

WebライティングといえばSEOライティングというくらいポピュラーなものです。

SEOを学びたいという人は必携ですよ!

下記からサンプルが見られるので、気になった方は見てみてくださいね。

ウェブライダー公式ホームページ

おすすめの本2:新しい文章力の教室

この本はいかに構成が大事か、ということを教えてくれます。

著者の会社に新しく入ってきて人は、元々は記事を書くのに、かなりの時間を費やす人が多いそうです。

しかし、この本に書かれているライティングスキルを学ぶことで、1日に何本もの記事を執筆できるといいます。

「文章が速く書けない」いった人に特におすすめの内容です。

おすすめの本:3頑張っているのに稼げない 現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

この本は、Webライティングのスキル面だけでなく、どうやったら稼げるようになるかをテーマにしています。

そのため、今後Webライターとして自立したいと考えている人におすすめです。

実践的な内容が紹介されているので、すぐにでも真似できますよ。

例えば、具体的にどうやって営業していけばいいかの手法などが書かれています。

この本を読むことで、稼げるWebライターに近づけます!

2.書きたいジャンルに目星をつける

Webライティングの案件には、さまざまなジャンルがあります。

例えば、脱毛や育毛、美容やファッション、ガジェットや家電などです。

「ファッションが誰よりも好き」ならファッション系のジャンル、

「家電量販店に3年勤めていた」なら家電系のジャンルなど。

過去の経験や、好きなことなどを参考にすると良いでしょう。

そして、自分がどのジャンルの記事を書きたいか、明確にしておきましょう。

矛盾してますが、最初から「このジャンルしか書かない」としてしまうと、自分の可能性を狭めます。

私の体験からも、自分が興味がなかった分野が面白いと思うこともありました。

そのため「絶対にこのジャンルだけは嫌だ」というもの以外は候補に入れておくことをおすすめします。

3.ブログを始める

書きたいジャンルに目星を付けたら、ブログを始めることをおすすめします。

なぜなら、フリーランスのWebライターとして案件を受注するのであれば、スキルを明示できるものが必要になるからです。

発注者の視点に立てば、Webライティングのスキルを明示できない人に頼みたいと思わないでしょう。

ブログを始めると、自分の書きたいジャンルの分野を、試せます。

書いていて「これつまらないな」「苦しいな」と感じたら、自分に合っていない証拠。

ブログを持っていることで、Webライティングのジャンル選定に役立ちます。

私の場合、最初は無料で始められる「はてなブログ」を使っていました。

慣れてきたら、「WordPress」というHPの作成などにも使われるシステムに移行しましょう。

なぜなら、WordPress入稿を必須とするクライアントが多いからです。

WordPressが利用できると、報酬も上がります。

ぜひ、WordPressでのブログ作成を目標にしてみてくださいね。

4.ポートフォリオを準備する

ブログが完成したら、ポートフォリオを準備しましょう。

ポートフォリオとは、ご自身のライターとしての実績や力量がわかる作品のことです。

もちろん初心者の段階では、実績はかけません。

しかし、ブログがあると、実績と近い働きが期待できます。

また、ブログがない場合でも、ライターとしての熱意や経歴、趣味などを記載しておきましょう。

思いもよらないところから、声がかかる可能性もありますよ。

具体的にどう書けば良いかは私のポートフォリオを参考にされてみてください。

なんばさんライターポートフォリオ

未経験からフリーランスWebライターになる方法

準備が終わったら、未経験からフリーランスWebライターになるために、具体的な方法を紹介していきます。

クラウドソーシングサイトに登録し、慣れてきたら企業に直接応募という順番です。

 

クラウドソーシングサイトに登録する

まずは、仕事を獲得するために、クラウドソーシングサイトに登録しましょう。

クラウドソーシングサイトは、初めて仕事を獲得するのに最適なプラットフォームです。

なぜなら、クラウドソーシングサイトという会社側がクライアントとの間にいることで、メリットがあるからです。

例えば、報酬のもらい損ないが発生しないということがあります。

直接営業をして獲得したクライアントの中には、報酬を払わずに逃げてしまう悪徳な人もいます。

トラブルが起きにくい分、手数料がかかりますが、初心者にとってトラブルが起きにくいというのは、最大のメリットです。

さまざまなクラウドソーシングサイトがありますが、おすすめは2つ。

クラウドワークスランサーズです。

それぞれどういった特徴があるのか、解説していきますね。

※クラウドソーシングサイトとは、インターネット上でフリーランスや、副業などで仕事を獲得したい人たちに、業務を発注する業務形態のことをいいます。

おすすめ1:クラウドワークス

画像引用元:クラウドワークス

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

そのため、案件数が多いので、いろいろなジャンルを取り扱っています。

また、単価は安いですが、未経験でも受注可能な案件もあります。

クラウドワークスの仕事の形態には、タスク形式とプロジェクト形式とコンペ形式があります。

タスク形式とは、簡単に終わる仕事のことで、例えばアンケートに答えるなどがあります。
コンペ形式とは、依頼に対して直接仕事を募集する方式を指します。企画が済んでいるため、成果物が早く集まりやすいのが特徴です。
プロジェクト形式とは、1つの依頼に対して、応募者を集めます。当選した人がクライアントと契約を結び、1つの記事を納品させて完了です。

Webライター初心者は、簡単なタスク案件で実績を積んでいくこともおすすめです。

なぜなら、プロジェクト案件やコンペ形式は、競合が多いため、なかなか提案が通らず挫折してしまうこと考えられるからです。

そのため、自信がないうちはタスク案件で、要領をつかんでみてください。

おすすめ2.ランサーズ

画像引用元:ランサーズ

ランサーズの特徴は、ランク制度を設けていることです。

レギュラー、ブロンズ、シルバー、認定ランサーとランクが上がります。

ランク制度があることにより、クライアントの目に止まりやすくなります。

認定ランサーになる条件は、クライアントからの評価が高い、素早い応答などです。

しかし評価は、自分でコントロールできない部分もありますし、フリーランスだからといって対応が早いとは限りません。

認定ランサーになるには、このように条件が厳しいものの、メリットがたくさんあります。

例えば、ランサーズ上の認定ランサー検索欄に名前が乗るので、興味を持つクライアントが増え、直接依頼につながります。

また、補償付ランサー制度の対象にもなれます。

補償付ランサー制度は、クライアントの依頼に何らかの損害が生じた時に、ランサーズ側で補償してくれる制度です。

認定ランサーになるとメリットがたくさんだね〜

安定的に稼ぎたいならクラウドワークス、認定ランサーになって大きく稼ぎたいならランサーズと言ったところでしょう。

私のはどちらも利用することをおすすめします。

なぜなら、例えば自分の書きたいジャンルがランサーズになくても、クラウドソーシングにあるということがあるからです。

そのため、毎日時間を設けて案件のチェックをしてみましょう。

・悪徳業者に気をつけよう

最近Webライター初心者に漬け込んだ、悪徳なクライアントが増えている印象があります。

初心者のうちは判断がつかないかもしれませんが、クライアントの評価や、評価へのコメント、依頼文の違和感などを参考にすると良いでしょう。

悪徳のクライアントは、評価や発注件数が0だったり、依頼文に誤字脱字や、詳細が書かれていないなどの特徴があります。

クラウドソーシングサイトは保証してくれる場合があるけど、直接営業の場合注意だね

・最初は誰でも初心者

初めは慣れないことに、とても緊張や不安を感じると思います。

私も、Webライターを始めたての頃、ビクビクしながらサイトをみていました。

しかし、今では当たり前になり、緊張や不安もほとんど感じません。

徐々にクラウドソーシングに慣れていきましょう。

怪しい男性
怪しい男性
少しずつ慣れていこうね

 

直接営業する

クラウドソーシングに慣れてきたら、直接営業を検討してみましょう。

直接営業とは、クラウドソーシングなどを通さずに自分自身で、営業することです。

応募方法はさまざまありますが、ここでは代表的な3つを上げます。

 

  • 企業に応募
  • SNSなどで探す
  • Wantedlyを利用する

 

詳しくみていきます。

企業に直接応募

自分が寄稿したいメディアに電話やメールで問い合わせたり、直接訪問するなどして営業する方法です。

そのために、営業リストを作るなどして、自分が寄稿したいメディアを記録しておきましょう。

営業リストを作成したら、企業の問い合わせフォームなどを使って、営業のメールを送ります。

応募したい企業を日頃からチェックしておくことが大切ね。

 

 

SNSなどで探す

次は、SNSで探す方法です。

主にTwitterやfacebookがおすすめです。

Twitterは「#ライター募集」で、毎日のようにWebライターの募集があります。

コメントや、ダイレクトメッセージなどを通して、営業してみましょう。

また、facebookにはWebライターのコミュニティがたくさんあります。

仕事を募集しているクライアントもいるので、営業してみると良いでしょう。

「#ライター募集」で検索っと。

 

 

Wantedly

Wantedlyは、Web関係のスタートアップ企業が主に利用している求人媒体です。

「Webライター募集」という検索をかけて、ヒットしたところに営業をかけてみましょう。

正社員や、バイトなどを募集していることが多いですが、フリーランスでも歓迎してくれるところもありますよ。

創立から間もない若い企業が多いので、融通が利くことがほとんどです。

フリーランスWebライターの仕事内容

ここでは、フリーランスWebライターの仕事内容をお伝えします。

Webライターはクライアントから指定された、テーマや文字数、内容などを元に仕事します。

ライターの主な仕事は下記の7つです。

 

  1. キーワード選定
  2. リサーチ
  3. 構成作成
  4. 執筆
  5. 画像・文字の装飾など
  6. 校閲・校正
  7. 納品

 

詳しくみていきますね。

1.キーワード選定

キーワード選定とは、クライアントがどういうキーワードで集客や、検索上位を狙うかを考えることです

例えば、美容系のジャンルで執筆しているとしたら「化粧水 敏感肌」などをキーワードに選定します。

初めのうちは、「化粧水」などのビッグキーワードと呼ばれるものではなく、先に挙げたようなミドルキーワードを狙うと良いでしょう。

キーワードを細かくすればするほど、検索意図が明確になり、記事も書きやすくなります。

初めのうちは特にクライアントから、キーワード選定まで頼まれることは少ないでしょう。

しかし知っておくと、単価アップに繋がるので、ぜひ覚えておきましょう。

キーワード選定を覚えておくと、今後の仕事に生かせるね

3.リサーチ

リサーチは、クライアントから指示されたテーマを元に自分自信で調査することを指します。

ネット上のリサーチだけではなく、本を読んで専門的な知識を補う必要もあります。

また、取材系の記事では、クライアントの元に出向き、記事執筆に必要な情報を取得します。

リサーチは最も時間がかかる部分で、リサーチが完璧にできていれば、残りの工程を比較的楽に終えられます。

リサーチは大変だけど、

残りの工程を楽に終わらせるために頑張ろうっと

4.構成作成

リサーチを終えたら、構成を作成します。

構成とは、読者が見やすいように、本文の内容を要約したものを指します。

構成を考えておくことで、記事の内容にブレが少なくなり、読者が読みやすい記事になります。

構成は、SEO(検索上位)の記事を盛り込んだり、オリジナルの内容を含めて考えます。

リサーチと同様に土台となる部分で、構成ができていると、細かい部分の執筆が楽です。

私の場合、構成とリサーチだけで、記事を書き終える時間の約半分を費やします。

リサーチと構成は時間をかけるほど、あとの執筆が楽になりますよ。

通りすがりA
通りすがりA
構成ができちゃえばこっちのもんさ!

 

 

5.執筆

構成を作り終えたら、執筆に入ります。

構成とリサーチを終えていれば、執筆で時間がかかることはほとんどないでしょう。

また、執筆を進めていく中で不明な点がでた場合、ネットや書籍、必要があれば問い合わせるなどして対応します。

私の場合、執筆の部分が一番時間がかかります。

なぜなら、言葉の言い回しや誤字脱字に気をつける必要があるからです。

誤字脱字や、言い回しが変だと読者に不信感を与えてしまうため、慎重に行う必要があります。

言い回しや誤字脱字など、入念にチェックしなきゃね

 

 

画像の挿入・文字の装飾など

執筆を終えたら、読者の離脱を防いだり、検索上位に表示されるように、画像の挿入や文字の装飾をします。

パソコンやスマートフォンでみた時に、一画面が文字で埋まっていたら、読みづらい記事と認識されます。

そんな時には、画像を挿入することで、視覚の負担を減らせます。

また、文字の装飾をする時に気をつけるべきポイントは、装飾した箇所だけ見れば記事の大まかな内容がわかること。

意識しておくことで、読者の完読率が上がり、SEO対策にもつながりますよ。

また、吹き出しを使ったり、タグ、ボタンを使うなどして、読者が飽きない記事にしましょう。

 

記事チェック

一通り記事を執筆し終えたら、最終チェックします。

声が出せる環境であれば、言い回しの違和感や、誤字脱字がないかなどをチェックしましょう。

また、ツールを頼るのもおすすめです。

私が使っているのは、

誤字脱字対策にEnno

言い回し対策にテキスト読み上げ

自分1人でチェックするとどうしても、気づけない部分があります。

完璧ではありませんが、これらを使うことで大まかなチェックはできます。

納品

記事チェックを終えたら納品をしましょう。

クラウドソーシングの場合、「納品する」という箇所があるのでそこをクリックします。

直接営業の場合、クライアントによって納品方法は変わりますが、記事完了の旨をチャットなどで伝えることが多いでしょう。

納品したら、クライアントのチェックを待ちます。

何も問題がなければ終了です。

クライアントから修正指示等あった場合は、速やかに修正し再度納品し直しましょう。

最初のうちは全行程任せられることは少ない

また、ほとんどの場合、ここで紹介した手順通りではないことが多いでしょう。

初めのうちは、構成、画像の挿入や、装飾などがない場合が多く、執筆だけを担当することがほとんどでしょう。

ですが、初心者のうちに「執筆だけでなく、構成もやらせてください!」などと名乗り出れば、単価アップに繋がることも。

紹介した工程を全てできるようになると、高単価な案件の獲得が期待できますよ。

ぴえん系男子
ぴえん系男子

初心者のうちから積極的にクライアントと関わることが重要なんだね

フリーランスWebライターの報酬はどのくらい?

果たしてフリーランスのWebライターの報酬はいくらくらいなのでしょうか。

Webライターの報酬は、文字単価(1文字何円)か記事単価で受け取る場合がほとんどです。

下記に未経験からフリーランスWebライターを始めてから、期間別に文字単価と記事単価の目安を掲載しました。

ぜひ参考にしてください。

期間 文字単価 1記事単価 時給換算
0~3ヶ月 0.5~0.8円 1,000円~2,400円 333円~800円
3~6ヶ月 0.8~1円 1,600円~3,000円 533円~1000円
6~1年 1~1.5円 2,000円~4,500円 666円~1,500
1年以上 1.5円以上 3,000円~4,500円  1,000円~1,500円

 

※文字数は2,000~3,000文字と仮定
※3時間で1本の記事がかけると仮定

 

この表からわかることは0~3ヶ月の段階では、時給換算するとかなり低賃金ということ。

仮に333円の時給で、100時間働いてもわずか3万円程度。

しかし、1年を超えると時給1,000円以上が安定してきます。

時給1,000円で100時間働くと100,000円。

固定費を抑えれば一人暮らしでも、生活できる額です。

8時間労働週休2日のサラリーマンの勤務時間は、約160時間。

仮に、その時間働くことができれば160,000円です。

1年経過した時の目安とはいえ、普通の生活ができるくらいの報酬が期待できます。

昨今、動画需要が高まっているとはいえ、webライターの需要はまだまだあります。

ライティングのスキルを身につければ、今後仕事に困ることは少なくなりますよ。

何のスキルもつかないバイトを1年続けるより、Webライターの方が時給は低くてもメリットがたくさんあります。

僕も若いうちから、スキルを身につけておこうっと。

まとめ:未経験でもフリーランスWebライターになれるが稼げるかはその人次第

さて、ここまで、未経験でフリーランスWebライターになるために必要な情報を解説してきました。

 

まとめると

 

 

未経験のフリーランスWebライターになるには、準備が必要

未経験のフリーランスWebライターが稼ぐには、営業をする必要がある

未経験のフリーランスWebライターは1年もすれば、生活できるだけの報酬がもらえる

 

 

 

結論は、未経験でもしっかりと手順を踏めばフリーランスWebライターになれます。

 

私の場合は、ほとんど貯金がない状態で、フリーランスになったため、精神的によくなかったと思います。

この経験を元に、結果が出る半年~1年位は、生活できるくらいの貯金をしておいた方が良いといえます。

 

フリーランスのWebライターは、自由が効きます。

 

例えば、カフェやコワーキングスペースなどで仕事ができます。

さらに、自分で仕事量を調整できるため、好きな時間に仕事ができます。

 

フリーランスのWebライターは、読者の悩みを解決し行動を促す、魅力的な職業です。

 

フリーランスのWebライターになって、新しい生活を始めてみませんか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる