出世を諦めるべき理由を解説!【知らないでは済まされない】

「出世したら世間から良く見られるけど、あまり興味ないなあ……」

「出世したら給料が上がるけど、本当に出世したほうがいいのだろうか??」

出世することに悩んでいるあなたは、本当に出世を望んでいるのでしょうか。

出世することが本心じゃないのに、無駄なことで悩んでいませんか?

なんばさん

どうも。なんばさんです。Twitter

私は、5年半会社員として勤め、そのうちの3年をリーダーとして過ごしました。

現在はフリーランスのWebライターとして活動しています。

この経験から、出世は諦める方がいいという結論に至りました。

その理由をこの記事の中でお伝えします。

具体的な内容は、

  • 出世を諦めることは珍しいことではない
  • 出世しても仕事量が増えるだけ
  • 出世してもその会社内での価値でしかない。
  • 出世して収入が増えても支出が増え休日は減る
  • 出世を諦める最大のメリットはすべてどうでもいいと思えること

出世について悩んでいるかたはこの記事を読めば解決されますよ。

※この記事は2020年12月時点の情報を元に作成しています

目次

出世を諦めることは珍しいことではない

もしかしたら、出世を諦めることに不安を感じているかたもいるかもしれません。

しかし、下の図を見てください。

画像引用元:マイナビ転職
画像引用元:マイナビ転職

この図からわかることは、約5割の人が、出世に対してあまり関心がないということ。

また、会社に入ったばかりのころは、出世したいという意気込みがあったものの、会社に入って数年経つと出世欲はなくなっていることがわかります。

このことから、あなただけでなく世間の2人に1人は出世に対して諦めを持っていることがわかります。

出世を諦めることは決して珍しいことではないのです。

出世しても仕事量が増えるだけ

私が正社員として、何の役職もついていないころは、意気揚々と仕事に取り組めていました。

なぜなら、仕事に対するプレッシャーはあまりないから。

出世すると、マネジメントの業務を任されるようになったり、仕事量が格段に増えます

給料もその分あがるのかと言われれば、仕事量に対して適切な昇給額ではありません。

出世すればするほど、仕事量の割りに給料がもらえないといった事態になるのです。

私の前勤めていた会社は、ある一定の役職までいくと残業代がでないことも。

なんばさん

会社からいいように扱われ、見合った給料がもらえないという事実を知った私は早々に出世を諦めました。

出世してもその会社内での価値でしかない

勤めている会社で出世しても、別の会社でうまくいくかと言われたらそうとも限りません

出世する人は、その会社内での評価が高いだけで、別の会社に移ったら評価が下がるというケースも珍しくないのです。

そのため「今、出世していない私はダメなんだ」と考える必要はなく、ただ適切な環境に身を置いていないから出世していないとも言えます。

ちいさなところで目立っていても(出世していても)、大きなところではすごい人がたくさんいます。

会社内で評価が高くても、上には上がいることを知ると、出世への諦めがつくはずです。

出世して収入が増えても支出が増え休日は減る

出世しても、年収は微々たるものしか増加しません。

さらに、出世することは、社外や社内での交流の機会が増えます。

私が勤めていた会社は、役職がついていると休みが減り、その休みも会社の付き合いで潰れているという光景を何度も見てきました。

このことを知った私は、

なんばさん

役職のつかない平社員の方がコスパいいよな

と悟りました。

出世すると、自由と時間を奪われることが多くなります。

私の価値観は自分の時間を持って、自分にムリのない仕事をすることです。

私と似たような価値観を持っている人は、出世を諦めた方が幸せな人生かもしれません。

出世を諦める最大のメリットはすべてどうでもいいと思えること

出世を諦めると仕事に関するすべてのことがどうでも良くなります。

  • 飲み会に誘われても、乗り気じゃないときは断れる
  • 仕事を与えられても、プレッシャーなく仕事が可能
  • 体調が悪くても「休みます」と気軽に言える

「出世」というレースから降りるとかなり楽になるのです。

会社に依存しなくなると、趣味や好きなことにさける時間が増えます。

「会社なんてどうでもいい」といえるスタンスの方が逆に仕事が上手くいくことも。

「どうでもいい」というスタンスは、柔軟性を与えてくれます。

「出世しなければ」という思いに固執していると、ストレスがかかり、心身へ悪い影響を与えることも。

出世を諦めることで、楽に生きられるようになるのです。

まとめ:出世を諦めても自分の価値は変わらない

ここまで、出世を諦めた方がいい理由について解説してきました。

出世を諦めると人生が楽になります。

しかも出世を諦めたところで、自分の価値は変わりません。

出世をするかどうか悩んでいる人はもう一度自分に問いただしてみてほしいです。

「本当に自分は出世したいのだろうか」と。

その上で出世をしたい人はするように頑張ればいいし、出世をしたくない人はそれなりでいいと思っています。

あなたも「出世」という終わりのないレースから降りて、仕事に対して楽に取り組むことを目指しませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる