Webライターがブログを書くメリットを解説!【やらない理由がない!?】

Webライターだけど、ブログって始めた方がいいの?でも時間ないしなあ~

Webライターがブログをするメリットって何?あまりメリットを感じないんだけど……

なんばさん

現役Webライターのなんばさんです。
今回は、これらの疑問を解決しますよ!なんばさんのTwitter

Webライターをしていると、「ブログをするといいよ」と聞いたことがあるかたも多いのでは?。

しかし、Webライターをすることで精一杯で、ブログに注力できない方もいるのではないでしょうか?

私は、現役でフリーランスWebライターをしている傍ら、ブログを執筆しています。

私自身も、ブログを始めたことがいいということは頭にありましたが、なかなか始められずにいました。

しかし、ブログを始めてからWebライターがブログをすることに多くのメリットを感じています。

今回はそんな私が、Webライターがブログをするメリットを解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

目次

Webライターがブログを書くメリット

早速Webライターがブログをするメリットを解説していきます。

メリットは以下の6つ

  1. ポートフォリオになる
  2. WordPressに戸惑わない
  3. 一連の流れを体験できる
  4. いろいろなジャンルがかける
  5. ブログ経由で仕事につながることも
  6. ブログが収益化する場合も

では1つずつ解説してきます。

メリット①ポートフォリオになる

駆け出しのWebライターの場合特に、ポートフォリオがありません。

ポートフォリオとは、自分の作品集のこと

例えば、Webライターの場合、記名記事(自分の名前がのる記事)や、SEO(検索エンジン最適化)で上位表示された記事などをポートフォリオとする場合がほとんどです。

しかし、自分の書きたい分野でブログを書くことで、実質ポートフォリオにできます。

なぜかといえば、ポートフォリオの目的は、クライアントがWebライターの力量を見極めるために使われるものだからです。

そのため実績がなくても、ブログをしていることがポートフォリオになり、クライアントへの提案が通りやすくなるのです。

メリット②WordPressに戸惑わない

Webライターは、ある程度単価が上がってくると(文字単価1円以上目安)、WordPressというブログシステムに直接奇稿をする案件がほとんどです。

WordPressは、初めて触るときは機能の多さから戸惑ってしまい、操作に時間がかかります。

しかし、WorddPressでブログを運営していると、操作に戸惑う時間がなくなり、ストレスなく記事執筆ができるのです。

また、Webライターをしていると、クライアントによってWordPressのテーマ(外観)が違います。

そのため、自分の持っているテーマ以外に触れられ、かなり勉強になります。

私のこのブログは、SWELLという有料テーマを使っているのですが、有料テーマを複数持つことは、個人では現実的ではありません。

しかし、クライアントが有料テーマを使っていればさまざまなテーマの操作を実際に体感できます。

実際に私もこの前は、THE SONICという有料テーマに触れました。

有料テーマに触れられる機会が増えると、ブログ運営にも役立ちます。

このようにWordPressでブログを運営していると、思わぬところでメリットがあるのです。

メリット③一連の流れを体験できる

Webライターは、文字単価や記事単価(1記事いくら)が上がってくると、キーワード選定から、記事投稿まで担当する場合があります。

キーワード選定などは特に、慣れていないとかなり時間がかかる作業です。

また、構成作りも

SEOに上位表示されるには、どうしたらいいか

想定読者の悩みを解決する構成にするにはどうしたらいいか

など考えることがたくさんあります。

しかし、ブログはキーワード選定から、記事投稿まで一人で担当する場合がほとんどです。

そのため、一連の流れを体感でき、Webライティング業務もスムーズに取り組めます。

メリット④いろいろなジャンルが書ける

Webライターをしていると、自分の書きたい分野が未経験の場合が出てくる場面も。

しかし、未経験の場合、Webライティングの仕事を受けながらスキルアップを図ることは困難です。

なぜなら、そもそも未経験の場合、受注できる可能性がかなり低く、仮に受注できたとしても、1記事書くのに莫大な時間がかかります。

時給換算で数百円となる場合も珍しくなく、割に合わない仕事になってしまうことも。

しかし、ブログをしていると比較的自由に自分の書きたい分野で執筆できます。

そのため、未経験の分野でも実験的に書け、自分の適性が合っているかどうかなどの判断がつきます。

仮に合っていなかったとしても、時間を失うだけで、デメリットはほとんどありません。

メリット⑤ブログ経由で仕事につながることも

Webライターは基本的に、自分から積極的に営業して案件を獲得するケースがほとんど。

しかし、ブログをしていてある程度PVがある場合、ブログ経由でお仕事につながる場合があります。

もちろんそうなるまでには、かなりの時間と忍耐力が必要です。

ですが、コツコツと良質な記事を執筆していれば、メディアの担当者の目に留まり直接オファーが来ることもあります。

その場合単価の高い場合が多く、直接営業する労力も使わずに済むので、他のことに時間をさけます。

メリット⑥ブログが収益化する場合も

Webライターとして、ブログを運営しているとブログ自体が収益化することもあります。

報酬を得る方法には、ストック型とフロー型の2種類があり、Webライターはフロー型に分類されます。

フロー型の特徴は、仕事をしたらすぐにお金に変わることで、デメリットは会社員とあまり変わらない働き方ともいえます。

ブログはストック型と呼ばれ、ブログが資産となり、仮に働いていない状態でも、報酬が入ってくることが特徴です。

しかし、報酬が入っても微々たるものであったり、時間がかかったりすることがデメリットです。

Webライターとブログを両立させると、どちらのメリットも受けられます。

Webライターがブログを始めるデメリット

Webライターがブログを始めるのは、メリットばかりではありません。

ここではデメリットを3つ紹介します。

  1. 初期費用がかかる
  2. 時間が取られる
  3. 高品質な記事を書かないと逆効果になる

デメリット①初期投資がかかる

WordPressでブログ運営する場合、サーバー代とドメイン代がかかります。

サーバー代は年間約10,000円、ドメイン代は年間約1,000円。

月に換算すると、毎月約1,000円かかることになります。

しかし、例えば動画編集の場合、ソフトによっては月に約3,000円必要ですし、高いスペックのパソコンや、動画を保存するためのメモリなどが別途必要に。

そう考えると、ブログを始めるための初期費用というのは、かなりお得な部類に入ります。

また、無料ブログで始める場合は、初期投資はかからないことがほとんどです。

デメリット②時間がとられる

Webライターとして、副業や専業で働いていると、ブログに回す時間がないという人もいるでしょう。

ブログを書くためには少なくとも数時間は必要です。

そのため、本業の仕事や、専業のWebライターの時間がとられ、時間を割くことが困難に。

ただ、ブログはオフラインの場合でも、執筆するだけならスマートフォンでも可能です。

隙間時間を有効に使って、キーワードや想定読者を考えることもできます。

ブログを毎日更新している人で、バリバリの社会人という人もいます。

そのため、時間がないというのはただの言い訳にしか過ぎません。

最初のうちは大変かもしれませんが、ブログを書くことが習慣化してくると、書いていないことに違和感を覚えます。

習慣化できるまでの辛抱です。

工夫して、ブログを書く時間をつくることをおすすめします。

デメリット③高品質な記事を書かないと逆効果になる

Webライターとして、ブログをポートフォリオにする場合高品質な記事でないと、クライアントからの評価が下がる場合も。

コピペしただけのブログや、文字数が少ないブログ、デザインが適当なブログなど、評価する点はさまざまですがこれらに当てはまるブログは要注意です。

高品質な記事というのは、記事の中で読者の疑問が解決されているか、オリジナリティーのある記事か、SEOで評価されているかなどが基準となります。

しかし、逆をいえば、高品質な記事を書ければクライアントへの信頼につながり、受注率も上がるでしょう。

ブログを始めるなら生半可な気持ちではなく、高品質な記事を書くことを目標としましょう。

Webライターがブログを始める方法

Webライターがブログを始める方法は以下の2パターン。

  • 無料のブログサービスを利用する
  • WordPressを利用する

1つずつ解説していきます。

無料のブログサービスを利用する

無料ブログサービスの特徴は、無料で手軽にブログを始められることです。

無料ブログサービスはたくさんありますが、おすすめははてなブログです。

なぜなら、無料ブログの中ではカスタマイズ性が高く、有料プランに加入すれば収益化も可能だからです。

ブログ初心者は無料ブログから始めて見るのもありだね〜。

始め方は以下の記事が参考になります。

【初心者も簡単】はてなブログの始め方を画像付きで徹底解説【完全ガイド】

WordPressを利用する

WordPressは、カスタマイズ性が高く、収益を得るために最適なシステムです。

WordPressには、ドメインと、サーバーが必要です。

例えるなら、サーバーは家を立てるための土地、ドメインは家の住所、ブログ自体が家といったイメージです。

WordPressの利用方法は以下の通り

STEP
サーバーを契約する

エックスサーバー がおすすめです。

詳しくは以下の記事が参考になります。

エックスサーバーでWordPressを始める8ステップ(初心者向け)

STEP
ドメインを取る

お名前.comがおすすめです。

STEP
サーバーとドメインの紐付け

サーバーとドメインを紐付けます。

以下の記事を参考にしてください。

お名前.comでドメインを取得→エックスサーバーで使用する方法

STEP
WordPressをインストール

WordPressをインストールして完了です。

以下の記事が参考になります。

XSERVER公式

WordPressは慣れると非常に便利なのですが、初心者のうちは難しいと感じることも。

しかし、Webライターとして単価を上げていくには、WordPressの操作ができることは必須です。

ぜひ初心者のうちから、WordPressを導入し操作に慣れておきましょう。

まとめ:Webライターは今すぐにでもブログをはじめよう

ここまで、Webライターがブログを始めるメリットを解説してきました。

ブログを始めることに多少のデメリットはあっても、私の場合メリットが多すぎてやらない理由はありません。

ブログを運営することで、Webライターとしての実力があがり、Webライターとして活動していることでブログを書く実力が上がります。

相乗効果で、効率的にスキルアップできるのです。

皆さんもブログを始めて、他の人とは一歩先を行くWebライターを目指しませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる