Webライターが抑えるべきSEO知識と具体的な対策を解説!

Webライターをはじめたけど、SEOがまったくわからない

SEO対策をして、検索上位に表示されるための具体的な方法が知りたい

なんばさん

今回はこれらのお悩みを解決していきます。なんばさんのTwitter

Webライターとして、経験を積むとクライアントから「SEO対策をお願いします」と依頼される機会が増えます。

しかし、SEO対策と言われても、ピンとこないWebライターも多いのではないでしょうか。

そこで、フリーランスのWebライターとして活動している私がお悩みを解決していきます。

この記事を読むことで、

  • SEOとはそもそも何か
  • WebライターにSEO対策の知識が必要な理由
  • 具体的なSEO対策の方法

がわかります。

3分程度で読めますので、ぜひ最後までご覧ください。

※この記事は2020年12月時点の情報を元に執筆しています。

目次

SEOとはなにか

SEOとは、Serch Engine Optimizationの頭文字を取ったもので、日本語では検索エンジン最適化と呼ばれます。

検索エンジン最適化とは、検索エンジン(GoogleやYahoo!など)に評価されるような記事かどうかを判断するもの

Googleの検索エンジンであれば、クローラーというシステムがサイトを巡回して、SEOに評価される記事かなどをGoogleのデータベースに蓄積。

クローラーが取ってきたデータを元に、Googleはサイトの順位を決定します。

Googleに評価されるための記事作成を、SEO対策と呼びます。

Webライターとして、ある程度経験を積むと、SEO対策した記事を求められる機会が増えていくことでしょう。

SEOの知識はWebライターとして活躍するなら、持っておく必要があるのです。

なぜWebライターがSEO対策を覚える必要があるのか

SEO対策を覚えておく理由は、クライアントからの評価が上がり、活躍できるWebライターになれるから。

Webライターは、クライアントから指示を受けて仕事をします。

クライアントのほとんどは、検索上位に表示される記事を書いてもらいたいはずです。

なぜなら、上位であればあるほど集客できますし、商品の販売が目的の場合、ユーザーの目に留まる可能性が高くなるから。

Webライターとしての価値を上げていくためにも、上位表示される記事を書かけることは必要なのです。

SEOに評価される記事の書き方

ここでは具体的に、SEOに評価される記事の執筆方法を紹介していきます。

4つあります。

  1. 読者の「検索意図」満たした記事
  2. タイトルや見出しにキーワードを含める
  3. SEO上位の記事の切り口を参考にする
  4. 質の高い記事を書く

1つずつ解説していきます。

①読者の「検索意図」を満たした記事

たとえば、クライアントから「仕事 つまらない」というキーワードで記事執筆してほしいという依頼があったとします。

検索意図というのは、「仕事 つまらない」で検索をする人の意図を考えることです。

「仕事 つまらない」から考えられる検索意図は、「今の仕事がつまらなくて、転職を考えている」「仕事を楽しくする方法がしりたい」「仕事がつまらないと感じる自分は異常なのではないか?」などです。

ただし検索意図は、主観的なものになりがちなので、クライアントと認識のすり合わせをしましょう。

なぜなら、自分本位で記事を書いたところで、クライアントが求める検索意図ではないことも考えられるからです。

そうなると、記事を書き上げてから修正することにもなりかねません。

時間をムダにしないためにも、きっちりクライアントと打ち合わせをしましょう。

②タイトルや見出しにキーワードを含める

キーワードを、タイトルや大見出しに含めることは、検索上位に入るために必須といってもよいでしょう。

タイトルや大見出しとは、以下の画像の箇所を指します。

タイトル
大見出し

タイトルには必ずキーワードを含める必要があります。

しかし、大見出しに含める場合、違和感がでる場合も。

その場合は、ムリにキーワードを詰め込む必要はありません。

一番優先して考えるべきは、読者が読みやすいかどうかです。

読者が読みやすい範囲でキーワードを盛り込むようにしてみてくださいね。

③検索上位の記事の切り口を参考にする

検索で上位表示されているサイトは、Googleからの評価が高いサイトです。

そのため、検索上位を狙いたい場合は、狙いたいキーワードの上位のサイトを参考にするとよいでしょう。

私の場合、無料のラッコキーワードを使って、検索上位の10サイトを参考にする場合が多いです。

ラッコキーワードの使い方は簡単です。

トップページの見出し(hタグ)抽出をクリック

見出し抽出

h1,h2にチェック

キーワードを入力し、サイト抽出をクリック

検索結果の表示

検索結果

上位サイトの切り口を参考にして、内容はオリジナルにしましょう。

このように、上位サイトの網羅記事を「網羅性SEO」などと呼んだりします。

最初は、上位の3サイトくらいを見て、参考にするのがよいかもしれません。

なぜなら、あまり多くの情報に触れてしまうと、初心者の場合、どこから手をつけていけばよいかわからなくなる可能性があるからです。

構成が思いつかないときも、上位サイトを参考にすることで、簡単にアイデアが思い浮かぶこともありますよ。

④質の高い記事を書く

SEOで最も効果のあるのが、質の高い記事を書くことです。

質の高い記事とは、読者満足度の高い記事と言い換えてもよいです。

たとえば、「仕事 つまらない」というキーワードで検索をする読者に、自分の経験だけで「仕事は今すぐやめるべき!」という主張を延々と伝えているという場合、読者満足度は低くなるでしょう。

もちろん、「仕事は今すぐやめるべき!」という主張に共感してくれる読者もいるかもしれません。

しかし、共感できないその他の読者はすぐに、サイトから離れていってしまいます。

また、国の機関が公に発表しているデータや、一次情報(自分の体験談)などを交えるとオリジナリティがあり、質の高い記事と認識されやすくなります。

Webライターとして、スキルアップをするためにも、顧客満足度の高い記事執筆を心がけるようにしましょう。

まとめ:SEO対策できるWebライターは強い

ここまで、WebライターにSEOの知識が必要な理由や、具体的な方法を紹介してきました。

ここで紹介した、SEOの知識は全体の中のほんの一部です。

GoogleのSEOのアルゴリズムは年々変化しており、一概にこれをすれば必ず検索上位が取れるというものではありません。

しかし、今回紹介した内容を実践すればSEOで上位表示される記事を書ける可能性が高まります

Webライターとして活躍したい方はぜひ今回の内容を理解して、実際の案件に応用してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる