Webライターに向いている人・向いていない人の特徴【実体験から語る】

Webライターに興味があるんだけど、自分向いているかなー

Webライターに必要なスキルって何?当てはまっているか知りたいな

なんばさん

今回はこれらのお悩みを解決します!
なんばさんのTwitter

Webライターに興味を持ちはじめたけど、自分に向いているのだろうかと疑問を持たれる人は多いでしょう

現在私は、フリーランスのWebライターとして活動しています。

活動をはじめる以前は、Webライターに関するさまざまな情報を取り入れていました。

しかし、実体験を通して向いている、向いていないという情報の中には自分とは違う意見があることに気づきました。

そこで今回は、私なりに Webライターに向いている人と向いていない人の特徴をお伝えします。

時間をかけず読めますので、ぜひ参考にしてみてください。

※この記事は2020年12月時点の情報を元に執筆しています。

目次

Webライターに必要なスキルや能力

まず、Webライターに必要なスキルや能力はどのようなものがあるのか、お伝えします。

Webライターに必要なスキルや能力は以下の通り。

  • リサーチ能力
  • Webマーケティング能力
  • パソコンスキル
  • 言語化能力
  • 分析能力
  • コミュニケーション能力

1つずつ解説していきます。

リサーチ能力

リサーチ能力とは、「自分で情報を取ってくる力」のことです。

たとえば、未経験の分野の記事を執筆するときに、本や動画、取材などから情報を積極的に取ってくる必要があります。

なぜなら、その方が質の高い記事が書けるからです。

そのため、Webライターが最も時間を使うのは、リサーチです。

Webライターというと、記事の執筆だけしているイメージを持たれる方もいるかもしれません。

しかし、リサーチが甘いとそのあとの記事構成や、執筆に時間がかかります。

そのため、リサーチ能力が求められるのです。

Webマーケティングスキル

Webライターの最終目標は、読者に行動をしてもらうこと。

Webマーケティングとは、「ものが売れる仕組みを作ること」です。

たとえば、商品を作って売りたいと思った時に、Webマーケティングスキルがないとその商品を売れません。

しかし、Webマーケティングスキルを持っていると、SNSやさまざまなプラットフォームを使って販売する経路を作れるのです。

「Webライターに関係あるの?」と思ったかもしれませんが、Webライターは、成約前の大事な役目を果たします。

そもそも、SEOで上位表示されたり、リスティング広告などを利用したりしないと、商品は売れません。

そのため、SEO検索上位に表示されるオリジナリティの高い記事を書くことなどが必要になります。

Webライターは、Webマーケティングという全体の一部の役割を果たします。

そのため、Webマーケティング全般の知識やスキルを持っていることが、必要になるのです。

パソコンスキル

ライターは基本的にパソコンで仕事をします。

タブレットやスマートフォンでも仕事はできますが、少し効率が悪いです。

Webライターに求められるパソコンスキルは、簡単な画像加工や、タイピング、WordPressなどのシステムを扱えることなどがあります。

とくに中でもタイピングスキルは重要です。

目安としては、1時間に1,500~2,000文字をタイピングできれば十分です。

またクライアントによっては、オリジナルの画像を求められることもあるため、画像加工ソフトなどを扱うこともあります。

さらにWordPressを扱えると、Webライターとしての価値が上がり、単価も上がります。

タイピングのスキルを磨くには寿司打がオススメです。

ぜひ活用してみてくださいね。

言語化能力

言語化能力とは、「自分の考えや感情を言葉で表す能力」をいいます。

言語化できることは、オリジナリティのある記事執筆が書けるという証拠です。

クライアントにもよりますが、サイト内の検索上位を狙う場合がほとんどです。

検索上位になるためには、上位サイトの内容を網羅していると同時に、オリジナルの内容を含める必要があります。

オリジナルのある記事を書くためには、言語化能力が必須です。

言語化能力を高めるためにオススメなのが、毎日日記やブログを書くこと。

頭の中が整理され、日を増すごとに言語化能力が鍛えられますよ。

分析能力

分析能力とは、「起きた結果に対して原因を見つける力」のことです。

Webライターは、検索上位のサイトを分析して自分の記事に取り込む必要があります。

そのさいに、「なぜこのサイトが上位に来ているんだろう」と考える必要があります。

検索上位になる理由は、グーグルのアルゴリズムに沿っていてかつ、読者の悩みを解決してくれるサイトかどうか。

分析能力を鍛えるためには、書いた記事が検索エンジンの、どの順位にいるのか把握しておくことです。

分析することにより、上位表示される記事を生み出すことが可能になります。

そのため、分析能力が必要になるのです。

コミュニケーション能力

Webライターは、コミュニケーション能力が必要です。

コミュニケーション能力とは、「対人関係でお互いの意見や考え方をスムーズに伝える能力」を指します。

Webライターは他の職種にくらべると、オフラインでのやり取りが主になるため、コミュニケーション能力は必要ないと思われがちです。

しかし、対面でないやり取りは、相手の表情や雰囲気が見えないため、逆に難しいとさえいわれることも。

なぜなら、相手の気持ちや意向を想像しながら、文字で伝えなければいけないからです。

コミュニケーション能力は、一朝一夕でつくものではありません。

日頃から、「この人はこういう価値観なんだな」「この人はこういう考え方をもっているんだな」などと人に対する理解をもつことが大切です。

Webライターに向いている人

Webライターに向いている人をお伝えします。

  1. 1人で黙々と仕事するのが好きな人
  2. 好奇心旺盛な人
  3. 最低限のコミュニケーション能力がある人
  4. 文字で言語化するのが得意な人
  5. 言葉の使い方に敏感な人
  6. 律儀な人

それぞれ解説していきます。

向いている人①1人で黙々と仕事するのが好きな人

Webライターは、1人で作業することがほとんどです。

もちろん組織に属している場合、他の人とコミュニケーションを図りながら仕事を進める必要があります。

しかし、フリーランスや副業としてWebライターとして活動していくならば、孤独でも楽しめる人が有利。

1人が好きな人は、内向型と呼ばれる人が多く、外部の刺激を好まない傾向があります。

内向型とは、エネルギーを自分の内側で作ることが得意な人です。たとえば、パーティにいくより1人で部屋の中で読書をしている方が好きなど。

1人で黙々と作業できる人のほうが、成果が出るのも早いですし、Webライターに向いているといえます。

向いている人②好奇心旺盛な人

Webライターは、好奇心旺盛な人が向いています。

なぜなら、今まで経験や知識を得てこなかった分野の執筆を任されることがあるから。

興味や関心の幅が狭いと、未経験の分野にチャレンジする勇気が持てず、狭い世界が判断基準となってしまいます。

しかし、好奇心旺盛なら、さまざまな分野に興味関心が持てるので、新しい分野へのチャレンジも楽しめるのです。

Webライターとして、単価を上げていくためには必ず新しいことにチャレンジする機会が必要です。

そのため、好奇心旺盛な人は向いています。

向いている人③最低限のコミュニケーション能力がある人

Webライターは、最低限のコミュニケーション能力が必要とされます。

人と会うと緊張してしまって話せない人でも、チャットアプリやメールなどでコミュニケーションがとれれば充分です。

Webライターは、クライアントや読者の気持ちを想像して、記事執筆を進める必要があります。

そのため、最低限のコミュニケーションを鍛えておくとよいでしょう。

コミュニケーション能力は、「相手を褒める」「挨拶をする」「相手の気持ちを具体的に考える」など日頃から意識すると、徐々に高めていけますよ。

向いている人④文字で言語化するのが得意な人

Webライターは、文字で伝える職業です。

そのため、文字で言語化することを得意とする人が向いています。

リアルな社会生活では、言語化が難しくても、時間をかけて文字に起こすとで、周りの人よりも秀でた文章を書ける人がいます。

文字での言語化能力を鍛えるためには、ブログや日記を書くことがオススメです。

とくに自分の気持ちを文字に表すことで、自己分析ができるので他の場面でも役にたちますよ。

向いている人⑤言葉の使い方に敏感な人

Webライターは、言葉の使い方に敏感な人が向いています。

たとえば、「笑顔」という言葉、1つとっても「それほど口角って上がるのかと思うくらいの笑顔」などと表現したほうが場合によっては、読者に響くものになります。

また文章中の漢字やひらがなの割合、同じ語尾が連続していないか、主語述語がねじれていないかなどを確認することに面白さを見いだせる人が、向いているでしょう。

言葉の使い方を学ぶには読書が欠かせません。

小説でもよいので、1ヶ月に最低でも1回は本を読むことがオススメ。

言葉の使い方に敏感な人になれますよ。

向いている人⑥律儀な人

Webライターは、クライアントあっての仕事です。

Webライターとして活動していくならば、律儀であることに越したことはありません。

なぜなら、クライアントからの指示やマニュアル通りに書くことが前提だからです。

もちろん、クライアント側が間違ったことを言っている場合や、自分の提案などは積極的に発言するべきでしょう。

ただし、クライアントの意向に沿う文章を書くことが前提なので、履き違えないでおきましょう。

律儀な人は、真面目で責任感のある人がほとんど。そのため、クライアントからの指示やアドバイスに従順です。

そのため、クライアントからの評価があがり、Webライターとしての実力も上がっていきます。

Webライターであるなら、律儀であることが重要です。

Webライターに向いていない人

ここでは、Webライターに向いていない人の特徴を、お伝えします。

  1. 皆でワイワイ仕事をするのが好きな人
  2. 何事にも興味関心が希薄な人
  3. 指示されるのが嫌いな人
  4. 大雑把な人

1つずつ見ていきましょう。

向いていない人①チームプレーで仕事をするのが好きな人

Webライターは、皆で協力して仕事をする人が好きな人には、あまり向いていません。

Webライターにチームプレーがないかといえば嘘になりますが、ほとんどが自己完結する仕事です。

チームプレーが得意な人は、他の職種のほうが向いているかもしれません。

向いていない人②何事にも興味関心が希薄な人

何事にも興味関心が持てない人は、Webライターに向いていません。

なぜなら、Webライターは、興味関心がない分野の仕事を担当しないといけない場面もあるからです。

ただ単に自分の経験や知識が不足しているために、興味関心が持てないという人もいます。

そういった方はさまざまなことにチャレンジしてみることをオススメします。

やってみてはじてわかることが意外とあることに気づきますよ!

向いていない人③指示されるのが嫌いな人

Webライターは、クライアントの指示で仕事を進めることになります。

そのため、会社を辞めた理由が「指示されるのが嫌だから」というものであった場合、もしかしたら向いていないかもしれません。

しかし、フリーランスのWebライターは自分の力量で仕事を進められることが多く、会社に勤めている時より自由度は高いです。

また、クライアントによって指示というより、アドバイスをくれることも多いためやりがいを感じます。

しかし、根っから「他人に指示されたくない」という人は向いていないでしょう。

向いていない人④大雑把な人

大雑把な人は、Webライターに向いていません。

なぜなら、言葉を扱うため、繊細な感覚が必要になるから。

また、敏感で繊細な人のほうが物事に気づきやすくいろいろな気遣いを記事の中で表現できるからです。

大雑把な人は、誤字脱字、言い回しなどが適当になる場合が多く、クライアントの信頼を失いかねません。

また、読者に響く記事を書けない場合も。

そのため、大雑把な人はWebライターに向いていないといえます。

未経験からWebライターになる方法

ここでは、未経験からライターになるステップを紹介します。

3ステップで完了です。

STEP
Webライターになるための準備をする
  • 本を読む
  • 書きたいジャンルを決める
  • ブログやポートフォリオの作成
STEP
クラウドソーシングサイトに登録
STEP
案件に提案し、納品する

クラウドソーシングサイトに登録したら、提案をする。

提案が通ったら納品をする。

まとめ:Webライター

Webライターに必要なスキルや向いている人、向いていない人を解説してきました。

Webライターに向いている人は、一般的に内向型の傾向をもつ人が多い

ことがわかりました。

Webライター以外の職種をいくつも試してみたけど、なかなか自分に合う仕事が見つからない人もいるのではないでしょうか。

私もそのひとりでした。

ですが、Webライターが自分の性格や資質に、ぴったりと合っていました。

今まで、「自分には取り柄がない」と悲観していた方も、適職に合えば、その考えはガラリと変わります。

そのための選択肢の1つとして、Webライターという職業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる