Webライターが専門性を身につけるメリットや方法!【現役が解説】

なんばさん

どうも。なんばさんです。Twitter

Webライターとして専門性を身に着ける方法がしりたい!

専門性をつけるメリットやデメリットってどんなのがある?

Webライターは専門性をつけることが重要だ!といわれてもピンとこないかたもいるのではないでしょうか。私も、そうでした。

なんばさん

現役のフリーランスWebライターの私がこれらの悩みを解決していきます。

この記事の内容は

  • Webライターが専門性をつけるメリット・デメリット
  • 専門性を身に着ける方法

結論は、Webライターとして稼ぎたいなら専門性は身に着けるべきです。

5分程度で読めますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

※この記事は2021年1月時点の情報を元に作成しています

目次

Webライターが専門性を身につけるメリット3つ

Webライターが専門性を身につけるメリット3つ画像

ここでは、Webライターが専門性をつけるメリットを3つ紹介します。

  1. 高単価案件を受注できる
  2. 需要が高い
  3. 専門ライターとして認知される

1つずつ解説していきますね。

【専門性をつけるメリット①】高単価案件を受注できる

専門性をつけると、高単価案件が受注できるようになります。なぜなら、希少価値が高いから。具体的には、

  • 金融系
  • IT系
  • 不動産系
  • 転職系

などは高単価の傾向にあります。なお誰でも書けるジャンルは、参入障壁が低いものの、倍率が高く文字単価も低いことが多いです。専門性が高いと高単価の案件を受注できます。

【専門性をつけるメリット②】需要が高い

Webライターは人気の職種ですが、常にWebライター不足に悩まされている企業が多いです。なぜなら、本当にスキルのあるWebライターが少ないから。ここでいうスキルとは

  • ライティングスキル
  • 専門性
  • コミュニケーションスキル

などをさします。専門性がないと、スキルの高いWebライターとして認識される可能性が狭まる恐れがあるのです。そのため、専門性の高いWebライターは重宝されやすいです。

【専門性をつけるメリット③】専門ライターとして認知される

専門性を身に着けるとその道のプロとして認識されます。なぜなら、一つのことに特化しているから。Webライターとして、さまざまなジャンルを書いている人と1つの分野に長けている人では後者の方が認知されやすくなります。

「このジャンルならこの人」というほど専門性を身に着けるられれれば、仕事に困ることはほとんどなくなるでしょう。

Webライターが専門性を身につけるデメリット3つ

Webライターが専門性を身につけるデメリット3つ画像

メリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。

  1. ジャンル選びを間違えると最悪
  2. 稼げるようになるまで程度の時間が必要になる
  3. 専門家としての責任が重い

1つずつ紹介していきます。

【専門性をつけるデメリット①】ジャンル選びを間違えると最悪

専門性を身に着けるということは、その道に精通していなければなりません。そのため、自分の好きでないジャンルや興味のないジャンルを選ぶと苦痛で仕方なくなるでしょう。

ジャンルの選び方の基本は、

  • 好きなこと
  • 趣味・特技
  • これから学ぼうとしていること
  • 仕事などで実務経験のあること

などです。ジャンルを選ぶときには、必ず自分と向き合ってから選択するようにしましょう。時間はかかるかもしれませんが、後悔しないために大切なステップです。

【専門性をつけるデメリット②】稼げるようになるまで程度の時間が必要になる

ジャンルにもよりますが、専門性をつけるには長い期間がかかります。そのため、途中でモチベーションが下がってしまい「本当にこのジャンルでいいのだろうか」という迷いも出てきます。

しかし、本当に稼げるWebライターになりたいのであれば専門性をつけておいて損はありません。稼げる軌道に乗るまでは大変かもしれませんが、稼げるコツがつかめれば大きく稼げるのです。

【専門性をつけるデメリット③】専門家としての責任が重い

専門家としてある程度の実績を積むと、監修の仕事や、ライターを育成する仕事を任されるかもしれません。なぜなら、あなたにその役割が期待されるからです。責任が重く、プレッシャーに押しつぶされることも。

しかし、責任が重い仕事をしているということは代わりの人がほとんどいないということを示しています。そのため、あなたにしか任せられない仕事である可能性が高いのです。責任が重い=悪いことではなく、良いことだという認識を持てると良いでしょう。

そもそも専門性が高いWebライターとは?

そもそも専門性が高いWebライターとは?画像

ここまで専門性をつけるメリットデメリットを解説してきましたが、そもそも専門性が高いWebライターとは何なのでしょうか。

「専門性」と辞書で引くとこのようにかかれています。

特定の分野についてのみ深く関わっているさま。高度な知識や経験を要求されること、またはその度合い。「専門性が高い職種でスキルを磨く」などのように用いられる。

 

引用元:weblio辞書

Webライターに限らず、不安が多いご時世なので専門性をつけたいという人は多いです。しかし、専門性はそう簡単に身につくものではありません。なぜなら、長い期間辛抱と努力が必要になるから。

だからこそ、専門性の高いWebライターは重宝されますし、逆に専門性の低いWebライターは淘汰されていくのです。

Webライターが専門性を身につける方法3選

Webライターが専門性を身につける方法3選画像

Webライターが専門性を身に方法3選をお伝えします。

  1. 資格を取る
  2. 本を読む
  3. Writing Hacks(ライティングハックス)で土台を学ぶ

1つずつ見ていきましょう。

【専門性を身につける方法①】資格を取る

資格をとるということは専門家としてアピールにつながります。難関試験であればあるほどです。「Webライターなのに資格を取る必要ある?」と考えるかたもいらっしゃるかもしれません。

しかし、Webライターだからこそ資格を取ることで優位に立てるものだと考えます。なぜなら、資格を取る時間を確保してまでWebライターという職業をしている人は少ないから。

不動産系…宅地建物取引主任者

IT系…ITパスポート、基本情報技術者

金融系…ファイナンシャルプランナー、証券アナリスト

これらの資格を持っているだけで、クライアントから評価されやすくなりますよ。

【専門性を身につける方法②】本を読む

本を読むことでも専門性は身に付きます。未経験の分野であれば、5~10冊ほど入門書を読めば、基本的な技術は学べるでしょう。しかし、専門性を高めるためには入門書だけでなく難しい内容の本も読む必要があります。

専門性を身に着けたい分野の本を100冊も読めばその道のプロになることができます。本を読む習慣のない人には大変なことかもしれません。しかし、1か月に5冊よめれば、2年かからず専門的な知識が身に付きます。

「100冊の本なんて買うお金がない」とおっしゃる気持ちもよくわかります。しかし、図書館や中古本を利用したり、知り合いに借りるなどの方法で、ほとんどお金をかけることなく知識を身につけられますよ。もし難しい場合でも、一冊1500円の本を100冊で15万円。

Webライターとして、専門性を身につければ1か月で回収できるでしょう

【専門性を身につける方法③】Writing Hacks(ライティングハックス)で土台を学ぶ

専門性を身につけても、肝心のライティングスキルがなければ大きく稼ぐことは難しいでしょう。なぜなら、Webライティングはスキルを学ぶ必要があるから。

  • リード文の書き方
  • SEOの知識
  • 効率的に早く書くコツ
  • 取材のやり方

ライティングスキルを学ぶにも時間がかかります。初心者であれば、情報に惑わされてしまうでしょう効率的に学ぶにはWriting Hacks(ライティングハックス)がおすすめです。

上記に上げたスキルはもちろん、添削もしてくれるので自分の文章を客観的に見れます。主観で書いてしまうと、どこが間違っているのかわからないことも。そのため、客観的な視点が大事になるのです。ライティングスキルに関しての質問は無制限でできるので、とてもお得です。

まとめ:Webライターの専門性は今後ますます必要とされる

まとめ:Webライターの専門性は今後ますます必要とされる画像

ここまでWebライターの専門性について解説してきました。Webライターは年々増加傾向にありますが、本当にスキルのあるWebライターはまだまだ市場に足りていません。クライアントが求めるものの1つが専門性です。

専門性が高いことで、Webライターとして生き残っていける可能性が高まります。専門ライターとして知名度を上げていくことで、仕事が途切れないWebライターになれます。

ぜひ専門性を身につけて、必要とされるWebライターを目指してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる