CodeShipの評判や口コミを徹底調査してみたら意外な結果に!?

CodeShipの評判
なんばさん

どうも。なんばさんです。Twitter

CodeShipの口コミや評判が知りたい!

CodeShipは、最近オンラインに特化したプログラミングスクールのため、あまり情報が出回っていません。

そのため、CodeShipの評判や口コミが気になる方はいますよね。

なんばさん

そこでプログラミングスクール2社を受講し、フリーランスのWebデザイナーとして活動していたことのある私がお悩みを解決します。

今回は、CodeShipの口コミや評判を中心に

具体的には

  • CodeShipとは
  • CodeShipの評判や口コミからわかるメリットやデメリット
  • CodeShipの料金やカリキュラム、コース、サポート体制
  • CodeShipがおすすめできる人・できない人

を解説していきます。

この記事で、CodeShipの評判や口コミがわかるため、プログラミングスクール選びに役立ちますよ。

結論は、CodeShipは受講度のサポートも充実したモダンな言語の学べるプログラミングスクールです。

6分程度で読めますので、ぜひご一読を!

※この記事は2021年1月時点の情報を元に作成しています

目次

CodeShipとは

男の人
運営会社株式会社ウィモーション
設立2016年4月11日
所在地東京都豊島区池袋3-7-8セントヒルズ池袋301号室
学べる言語HTML&CSS、WordPres,PHP,Laravel,MySQL/Javascript,Bootstrap,JQueryなど
転職支援あり
返金保証あり

CodeShip完全オンラン型のプログラミングスクールです。(池袋に教室がありますが、現在はオンラインのみでの受講を承っています。)

ReactやVue.jsといったモダンなプログラミング言語を学べることが特徴で、実際にサービスを作りながら学べます。

CodeShipの最大の特徴は、無償延長保証制度があることでしょう。

無償延長保証制度とは、受講期間内にカリキュラムが終わらなくても、無料で延長し、カリキュラムを受講できる制度のこと。

また、チーム開発ができることも魅力で、実際の現場環境を模擬的に体験できます。

カリキュラムは未経験者や初心者にもやさしく、PCの操作や挫折しやすい環境構築まで教えてくれます。

また、講師は全員現役のエンジニアでチャット質問は即対応してくれるため、挫折しにくい仕組み。

転職保証の制度こそありませんが、転職希望者の96%が転職に成功しているというデータがあり、サポートも充実していることがわかります。

「どこよりも安く、どこよりも幅広く」を目的としていて、最新のフレームワークも取り扱っているのがCodeShipです。

※オフラインで授業を展開していた時の様子の動画です。

CodeShipの評判や口コミからわかるメリットやデメリット

メリットデメリットの看板

ここでは、CodeShipの口コミや評判を紹介します。

また、メリットやデメリットもお伝えしますので、お見逃しなく。

CodeShipの良い口コミ①自社開発企業に内定

自社開発とは、自分の会社でサービスの企画から運用まで行っている企業を指します。

自社開発は一般的に入ることが難しいとされています。

なぜなら、固定のエンジニアがついているから。

しかし、CodeShipでは、自社開発企業に内定をもらえるだけのカリキュラムを提供していることがわかりますね

CodeShipの良い口コミ②カリキュラムやサポートが充実

CodeShipは初心者向けのプログラミング学習サービスProgateでもわからなかったことを,わかりやすく説明してくれる

カリキュラムが魅力です。

また、質問に対して即回答を返してくれるため、学習を進める中で躓いたポイントをストレスなく解決できます。

プログラミングスクールに通うと、転職のサポートが気になるところですが、CodeShipでは転職サポートも行っており、不安がなくなりますよ。

https://twitter.com/ryoma70730/status/1295922589089427456

CodeShipの良い口コミ③オリジナルサイトの作成が可能

多くのプログラミングスクールは、受講期間が終わったらサポートの体制はありません。

しかし、CodeShipでは、ポートフォリオとしてオリジナルのサイトが完成するまでサポートしてくれます。

そのため、転職活動やフリーランスとして活動をする人にとっては、この上ない充実したサービスです。

エンジニアとしての日常を体験でき、自分に向き合う時期とも言えます。

CodeShipの良い口コミ④勉強会が開催され他の受講生と関われる

CodeShipは定期的に勉強会が開催されます。

勉強会では、実践的な内容を勉強でき、一人では身につかないスキルが身に付きます。

エンジニア界隈でもくもく会と呼ばれる自主学習の機会も設けているので、他のエンジニアや受講生と関われる機会が多くありますよ。

CodeShipの悪い口コミ①オンラインの質が悪い可能性も

CodeShipはオフラインで約5年の実績があるものの、オンラインに特化し始めたのが最近のため、オンラインの質が悪いのではないかとの噂も。

オフラインで口コミがよくても、オンラインの受講はかってが変わってきますからね。

しかし、サポートやカリキュラムの内容はオフラインのときと変わらないため、あまり気にしなくてもいい点ではないかと思います。

CodeShipの料金やコース、カリキュラムやサポート体制

手を合わせる写真

ここでは、CodeShipの料金やコース、カリキュラムやサポート体制を紹介します。

CodeShipの料金

画像引用元:CodeShip公式HP

CodeShipは2つの受講スタイルから選べます。

オンライン通学プラン4か月と、オンライン通学プラン6か月です。

料金は350,000円(税抜)と600,000(税抜)となっています。

他のプログラミングスクールと比べると、tech boostは4か月304,000円(税抜)、6か月363,600円となっています。

ウェブカツは、6か月360,000円(税抜)のため、CodeShipは値段が比較的高め。

ただし、もし入会後にコンテンツ内容に満足できなかった場合、中途解約が可能で、返金対応もしてくれるため安心できます。

CodeShipのコースやカリキュラム

学べるコースは以下の通り。

初級コース中級コース上級コース
コースウェブメディア開発コース/
フロントエンド開発コース
SNSk開発コース/
ウェブアプリ&データ処理コース
ゲーム開発コース/
先進ウェブサービス開発コース
学べる言語HTML&CSS、WordPres,PHP,Laravel,MySQL/
HTML&CSS ,Javascript,Bootstrap,JQuery
HTML&CSS、Ruby,Ruby on Rall
s/
HTML&CSS,Python,Flask
C#,Unity/
JavaScript,React,Vue
コース内容

CodeShipの特徴は、受講期間内であれば、全コースの受講が可能

さらに、無償延長保証制度がついており、ポートフォリオが作成できるまで無償で学習可能です。

カリキュラムは少人数で進められれzoomを使って授業が開始されます。

オンラインで受講できる週3~4コマの授業の時とは別に、授業がない時でもチャットで問題を解決できます。

現役のエンジニアがzoomを巡回し、生徒一人一人に寄り添った授業展開が可能。

わからない箇所はすぐに聞けるため挫折につながることが少ないです

CodeShipの充実したサポート体制

画像引用元:CodeShip公式HP

CodeShipのサポート体制は大きく2つ。

キャリア面談の受け放題と、永久転職サポートです。

キャリア面談では、転職や就職に必要な書類をプロのキャリアカウンセラーに添削してもらえます。

他のプログラミングスクールでは、就職や転職が目的とされる場合が多いものの、CodeShipの場合は生徒一人一人に寄り添ったキャリアサポートをしてくれます。

そのため、エンジニアのキャリアとして満足のいく転職・就職ができることも魅力です。

CodeShipがおすすめできる人・できない人

考える女の人

いままでの記載を元に、CodeShipがおすめできる人・できない人を紹介します。

おすすめできる人

一人で学習できる人

モダンなプログラミング言語を学びたい人

受講期間が終わってもサポートを受けたい人

おすすめできない人

一人で学習できない人

オンラインの学習の質を担保したい人

まとめ:CodeShipは受講後のサポートも充実しているプログラミングスクール

ひまわりの画像

ここまで、CodeShip口コミや評判を中心に紹介してきました。

CodeShipは、他のプログラミングスクールとは違い、受講後のサポートが手厚いプログラミングスクールです。

モダンな言語を取り扱っているプログラミングスクールは少ないため、最新の言語を学びたい人には特におすすめできます。

悪い口コミや評判もほとんど見かけませんでしたし、優良なプログラミングスクールであることは間違いありません。

現在は、オンラインのみの受付ですが、今後オフラインの受講が開始されれば、教室に通いプログラミングの学習者同士でモチベーションを高め合えますよ。

ぜひ、CodeShipを受講して、最先端のプログラミング言語を扱うエンジニアになってみてはいかがでしょうか。

CodeShipの評判

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる